読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめましてのご挨拶m(__)m~このブログは用法用量を守って正しくお読みください~

はじめまして、共働きパパです。
もうすぐ三歳になる女の子と生まれたばかりの男の子を育てている、どこにでもいる普通のパパです。

さて、はじめてのエントリーですので、まずは何故このブログを開設したのかについてお話したいと思います。
うちはパパママどちらも働きに出ている共働きです。共働きをしながら第一子の長女を育ててきました。
初めての子どもですので、笑いあり、涙あり、毎日試行錯誤しながら、基本的には楽しみながら育児に取り組んできました。
子どものために何をしてあげればいいんだろうと、色々と考えて実践してきたことは沢山、ほんとうに山ほどあります。
「保育園おちた、日本死ね」とまではなりませんでしたが、認可保育園の見学や、認可外保育園(認証保育所保育ママ等)の見学や併願など、それなりに保活も経験しました。
そして第二子の長男を授かり、無事誕生してきてくれました。
長男が生まれ、共働きママは産前産後休業から育児休業を取得。これは普通の流れです。
それと同時に共働きパパも育児休業(育休)を職場に申請、取得中です。パパの育休っていっても数日とか一週間くらいでしょ!?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。が、今回共働きパパは数ヶ月の育休を取得させていただいています。
そう、「共働きパパママ」は、現在「育休パパママ」なのです。
育休をとる男性は増えているようですが、まだまだマイノリティ。(政府が掲げる「働き方改革」などで今後少しは増えていくのか、個人的には注目しています。)
マイノリティですが、共働きパパは育休を取ってみて、育休取るのってすごく良い!!と感じました。では何が良いのか。また、パパママ同時に育休って取得できるの?育休中の収入はどうなるの?手当金ってパパママ同時に取得できるの?育休取ると職場で浮いちゃうんじゃ?などなど、疑問がわいてくる方もいるかもしれません。そんな、自分が感じたこと、育休についてよくわからないパパママ(プレパパママ)やこのブログに興味を持って下さった読者の方の疑問に答えつつ、私達共働きパパママが実践してきたことや知識を共有できればと思いブログを開設しました。
やってきたことや知識はアウトプットすると自分の中でも定着しますし、文書化することで客観的に見ることもできますしね。
あ、あとは思い出作りです(笑)
こういう育児をしていたなぁ、育児中はこんなこと考えてたんだぁ、と、あとから振り返って見られるように、インターネットの、ワールドなワイドなウェブの濁流の中に、自分達の現状を垂れ流しておこうかな、と(笑)
むしろ、9割方思い出作り寄りになるかもしれませんのでご了承ください(笑)

そんなこんなで、共働きパパママの全力育児の記録は、育休パパママという超絶マイノリティの状況から、スタートです。
今後どうなってしまうのか!?共働き家の家計は回っていくのか!?(パパのお小遣いはもらえるのか(笑)!?)
育休パパはクビにならずちゃんと職場復帰して共働きパパに戻れるのか(笑)!?これからのエントリーに乞わないご期待!!
ゆるーく、ぬるーく、まったりと、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

※このエントリーは共働きパパが執筆しました。今後、共働きパパ、共働きママ、どちらかの執筆のみのエントリーだけでなく、一つのトピックについて共働きパパママそれぞれの視点からの考えや意見を書く共同執筆のエントリーも出てきます。エントリーの最後には「※」で、どちらの執筆なのか、あるいは共同執筆なのかを注記しておこうと思います。